冬場の体調不良は寒暖差の影響!?その原因である「寒暖差疲労」とは

健康を科学する
こんにちは、Jです。
昨日は23℃と季節外れの暖かさでしたね。
しかし今日は……午後から非常に寒くなりました。
気象庁のデータを見ると、なんと午後13時には気温が2℃台まで下がっていました。

昨日との寒暖差は約20℃です。
風邪を引いてしまった方も多いのではないでしょうか。
私も急激な気温の変化に体がついていけず、全身がだるくて重い状態です。。

実はこの「寒暖差」が人体に思わぬ影響を及ぼすのです

そこで、今回は寒暖差がカラダに与える影響と、その対策について書いていきます。
この記事を読めば急激な気温の変化にもしっかりと対応でき、仕事にも勉強にもバリバリ打ち込めるようになります。
ぜひ最後までお読みください!

寒暖差による具体的な人体への影響は「寒暖差疲労」

寒暖差疲労とは

私たちの体は、急激な寒暖差によって疲労が蓄積していきます。
季節の変わり目や朝と夜の気温差など、大きな気温の変化があると体は寒暖差を感じて疲労をため込む性質があります。
また、人体には外気温の高さに応じて体温調節を行うような機能もあります。暑い日に汗をかくのがそうです。
その際に体内では、「自律神経」が働いて体温調節を行っているのですが、自律神経が働くには一定以上のエネルギーが必要。
気温差が大きいほど消費エネルギーも大きくなります。
つまり、気温差が激しい状態が続くとエネルギーをそれだけ消費し、体も疲れてしまうのです。

寒暖差疲労の主な症状

・全身がだるい・重い
・肩こり
・めまい
・体のほてり
・食欲がない
上記のような症状がある場合、寒暖差疲労の影響かもしれません。
寒暖差によって疲労が溜まり、連鎖的にさまざまな体調不良を引き起こします。

・寒暖差疲労のメカニズム

寒暖差疲労は、一日の中での気温の差が大きくなる冬に起こりやすくなります。
暖房機器を使って部屋を暖かくすることで室外との気温差も大きくなり、ますます気温差は大きくなります。
このような状況下では、人体は気温差に対応しようと大量のエネルギーを消費し、自律神経が乱れてしまいます。

・寒暖差は血圧への負担も!?

また、こうした大きな気温の変化は血圧への負担にもなります。
例えば暖房の効いた暖かい部屋を出て廊下に出た瞬間、外気の温度が急に下がる影響で血圧が急に上がります。
同じように、寒い脱衣所で裸になり、熱いお風呂に急に入ったりすると、今度は急に温まったことで血圧が急降下する。
この場合、人によっては脳卒中心筋梗塞につながるケースもあります。
冬は温度差が激しい場所を行ったり来たりするため、血圧に大きな負担がかかるのです。
暖房やストーブがない時代ではこうした寒暖差も少なかったため、現代特有の悩みでもあるでしょう。

・寒暖差疲労が起こりやすい気温差は「前日±5℃」

前日よりも気温が5℃程度高かったり低かったりすると、寒暖差疲労は起こりやすくなるようです。
最近では異常気象の影響もあり、寒暖差が激しくなってきています。
私たちには気温を変えることは出来ないので、自分たちで対策を打つ必要があります。
次の章では、具体的な寒暖差疲労の予防と対策を考えていきましょう。

「寒暖差疲労」の具体的な予防と対策

しっかりと湯舟に入る

毎日シャワーではいけません。しっかりと湯舟につかり、体を効率的に温めます。
湯舟に入ることで得られる効果は沢山あります。
・体内の老廃物や疲労物質が取り除かれる
・水圧によって血液やリンパの流れを改善する
・水中で浮遊することによって筋肉や関節がリラックスされる
オススメは38~40℃で10分以上入浴すること。毎日継続することが望ましいです。

寒い場所に行く時は暖かい恰好をする

当たり前だと思われるかもしれませんが、コレが意外と重要です。
寝ている途中で起きてトイレに行くときや、庭の掃除など外に出る際は、暖かい上着やマフラーを着用しましょう。
また脱衣所で着替えるときは暖房器具を設置して、少しでも暖かい場所と寒い場所の温度差をなくすことが大事です。
要するに、体感温度を常に一定に保てるように工夫することが重要なのです。

適度な運動をする

ジムに通えれば一番いいのですが、時間がない場合でも運動は出来ます。
日常生活の中に運動を組み込めばよいのです。
・エスカレーターは使わず、なるべく階段を利用する
・電車の中では座らずに立つ
・つま先立ちをして歩く
などなど。
また、朝起きた時に体を動かすのも良いです。
腕を回したり、屈伸や前屈をしたり、スクワットをしてみたり……。
とにかく何でもいいので、筋肉と関節を動かしてみましょう。
それにより内臓の動きも活発になり、体内で熱が作られるようになります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
寒暖差が大きい環境下では「寒暖差疲労」が生じやすく、だるさや食欲不振などを引き起こします。
湯舟に入ったり、体を常に暖かくしたり、適度な運動をしたり……
今すぐにでも行動をすれば、寒暖差疲労は予防・軽減できます。
このブログを参考にしていただき、健康な毎日を過ごしていければと思います。

急激な気温の変化に敏感になって、その時その時の状況に合った対策をしていきましょう!

それではまた♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました