汗のニオイは冬が一番キツい?悪臭の原因と対策を徹底解剖!

健康を科学する

みなさん、突然ですが……冬場は夏場よりも汗のニオイがキツくなるってご存じでしたか?

「夏の方が汗かくんだから、ニオイは夏の方がキツいでしょ」
「冬は汗なんてかかないし、ニオイなんてしないよ」

と言う方もいるかもしれません。
確かに、発汗量でいえば夏の方が多いでしょう。

しかし、ニオイとなれば話は別です。

ワキガって訳ではないし、夏はあまり汗のにおいは気にならなかったという方。
そんな方でも、冬の汗は臭いがキツくなることだってあるんです。

確かによく考えれば、電車の中って冬でも汗のニオイがキツい時ってありませんか?
僕もけっこう汗をかく方なのですが、冬に汗をかくと多少ニオイがするのが分かります。
夏はあれだけドバドバ汗をかいてもそこまで臭わないのに……。

では、それは一体なぜなのか?

ここでは冬に汗が臭くなる原因と、そうならないための対策について説明していきたいと思います。
家の中や学校・職場、電車の中など、人が多く集まりやすい場所に行った際に汗の臭いがしたら嫌ですよね?

冬の方が汗のニオイがキツくなる原因はコレだ!

重ね着によってニオイの逃げ道がなくなるから

実はこの原因が意外と多かったりします。
夏はシャツ1枚だけしか着なかったり、タンクトップなどワキの部分が開いている服を着るため通気性が良く、汗をかいてもすぐにニオイは飛んでいきます。
しかし、冬は長袖のセーターやシャツ、パーカーやトレーナーを着て、その上にコートなどを羽織ります。
その状態で暖かいオフィスに入ったり電車などに乗ったりすると、かいた汗が服の中でこもってしまうのです。
冬にふと上着を脱いだ際に、汗のニオイがプワッと臭ったことはありませんか?

汗腺の機能が衰えるから

寒い時期はあまり汗をかかないため、汗腺という汗を分泌する機能が衰えてしまうのです。
衰えた汗腺から分泌される汗はニオイがキツくなってしまいます。
それにより、冬は汗が臭くなってしまう傾向にあります。

汗のニオイ濃度が濃くなるから

汗は皮膚の汗腺から出てきます。
夏は汗をたくさんかくため、汗腺の機能が活発になります。
活発になればアンモニア等のニオイの原因になる物質を処理する能力が高まるため、汗のニオイ濃度が薄くなります。
しかし汗をかきにくい冬は汗腺の機能が低下し、ニオイの原因物質を処理する力が低くなります。
そうなると汗の中にニオイ物質が出てきてしまい、ニオイのする原因となるのです。
冬の方が汗のニオイがキツくなる原因まとめ
・重ね着によってニオイの逃げ道がなくなるから
・汗腺の機能が衰えるから
・汗のニオイ濃度が濃くなるから

具体的な予防と対策

では、どうしたら冬の汗のニオイを予防・改善できるのでしょうか。
ここでは、無理なく簡単に出来る方法をまとめましたのでご紹介します。

体を動かして汗腺を鍛える

冬でも汗腺が衰えないように、汗をかいて汗腺をトレーニングすることが重要です。
ジムに通ってみるのが一番良いですが、散歩軽いジョギングでも十分効果はあります。
通勤・通学の際にかかとを上げたり、早足で歩いてみるのも良いでしょう。
軽い負荷で、20分以上を続けることのできる有酸素運動であれば何でもOKです。
また、敢えて厚着をして運動することで手っ取り早く体を温めることができ、汗をかきやすくなるのでオススメです。
岩盤浴サウナなども効果抜群でしょう。

ニオイがこもりにくい服装にする

通気性がよい服の方が、汗のニオイがこもりにくくなります。
しかし、冬場に着る服はあまり通気性が良くない服が多いですよね。
そこで、体温調整がしやすい服装にしてみましょう。
具体的に言いますと、すぐに脱いだり着たり出来る服装ということです。
電車やビルの中など、暖かい場所に入った際にすぐに脱げるような服装がオススメです。
さっと羽織れるカーディガンや、体の前部が簡単に開けられるコートなどが良いでしょう。
また、生地の素材を綿やコットンにするのも効果的です。
風通しが良く、通気性が上がるのでニオイはこもりにくくなります。
しかし、風通しが良いということは【寒い】というデメリットを抱えることでもあります。
その対処法として、肌着は通気性の良い綿やコットンの生地のものにし、上着はすぐに着脱できるカーディガンやコートにして体を温めましょう。

上着の手入れをする

これは忘れがちなのですが、なかなか洗濯できない上着類には知らないうちに汗が付着しています。
それがニオイの原因をつくっているのです。
定期的にクリーニングに出したり、家でお手入れをしてみましょう。
家で出来るお手入れとして簡単なのは、ニオイのあつまる脇の部分に消臭スプレーをかけることです
また消臭スプレーがない場合は、しっかりと絞ったタオルでニオイの気になる部分を叩くだけでも効果はあります。
ぜひお試しください。
ニオイの原因と対策まとめ
・体を動かして汗腺を鍛える
・ニオイがこもりにくい服装にする
・上着の手入れをする

さいごに

いかがでしたでしょうか。
「冬は汗をかかないから」
と言って、ニオイの対策を怠ってはいけないことがお分かり頂けたかと思います。
冬こそ運動をして汗をかき、汗腺の機能を衰えさせないようにしていきましょう。
ニオイは自分では気づきにくいものでもあります。
知らず知らずのうちに、周囲の人に嫌な思いをさせてしまっているかもしれないのです。
自分だけでなく、周りの人のことも考慮して対策を打っていきましょう。
それではまた♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました