汗をかいて健康に生きよう!汗に隠されたメリットとは

健康を科学する

みなさん、汗はかいていますか?

これから暑い季節がやってきます。
気温が上昇し、日差しも強くなると汗をかく機会が増えていきますよね。
特に女性は「汗をかきたくない」という人も多いのではないでしょうか?
しかし、汗をかくということは人間の基本的な生理機能で、様々なメリットがあるのです。
そこで今回は、汗をかくことのメリットや効果、いい汗・悪い汗の解説をしていきます。
また汗をかくための習慣やオススメのサプリメントを紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

汗に関する基礎知識

そもそもヒトはなぜ汗をかく?

そもそも、人間はなぜ汗をかくのでしょうか?

汗をかく機能が私たちのカラダに搭載されたのは、サルからヒトに進化する過程でのことでした。
ヒトの祖先は食べ物を求めて広い大地をひたすら長時間歩き続けましたが、運動量が増え続けることによって体温がどんどん上がっていき、あまりに熱くなると脳やカラダの機能がおかしくなってしまうのです。
そこで、効率的に熱を下げる仕組みをカラダに備えるように進化していきます。

サルなどの動物には全身を覆う体毛があり、保温効果や紫外線などから肌を守る役目を果たしていますが、それにより体温が上がり過ぎてしまう危険性があります。
ヒトに体毛がないのは、「発汗」によって体内の熱を外に逃がすという優れた機能があるため、邪魔なものとなって退化していったのです。

体毛の多い動物は、真夏に走ると15分くらいしか持ちません。
しかし人間には発汗という体温調節機能が備わっているため、マラソンランナー等であれば2~3時間は平気で走り続けられます。
今日の私たちが長時間運動を続けられるのは、ヒトの体に体温調節機能が備わったおかげと言っていいでしょう。

汗をかくメカニズム

それではここで、汗をかくメカニズムを解明していきましょう。

体温調節を担うのは脳にある「視床下部」という部位です。
外気温が上昇したり、運動をしたりすると体温や肌の表面の温度が上昇していき、視床下部が汗腺に汗を出すように命令します。
それによって汗をかくのです。

視床下部には他にも働きがあり、汗によって血液が濃くなったりすると発汗を抑えたり、運動によって筋肉内にある疲労を感知するセンサーが働くことで発汗が調整されたりします。

他にも緊張や興奮で汗が出たり、精神的な要因で全身の汗が増えることもあります。
こういった時はいずれも脳が指令を出すため、自分の意志で汗をコントロールすることはできません。

汗の種類

ひとくちに汗と言っても、汗にはいい汗と悪い汗が存在するのを知っていますか?
自分がかいている汗がいい汗なのか悪い汗なのか、今一度チェックしてみましょう。

いい汗とは?

普段から仕事や運動などで汗をかく習慣がある人は、いい汗をかきやすいとされています。
いい汗はさらっとしていて、ニオイがないのが特徴です。
また汗の玉が小粒で乾きやすく、汗をかいた後にスッキリとするのがいい汗のポイントでもあります。

いい汗の特徴
さらっとしていて、ニオイがない
汗の玉が小粒で乾きやす
汗をかいた後にスッキリとする

悪い汗とは?

悪い汗はいい汗と反対で、ベタベタして臭うのが特徴です。
また汗の玉は大きくて乾きにくく、汗をかいた後にぐったりしてしまうのが特徴です。
仕事がデスクワークだったり、普段運動をしなくて汗をかく習慣がない人は悪い汗が出る傾向にあるようです。

悪い汗の特徴
ベタベタして臭う
汗の玉は大きくて乾きにくい
汗をかいた後にぐったりしてしまう

特に冬場になると悪い汗をかきやすい傾向にあるようです。
原因や具体的な予防と対策は以下の記事で公開していますので是非参考にして下さい。

汗のニオイは冬が一番キツい?悪臭の原因と対策を徹底解剖!
みなさん、突然ですが……冬場は夏場よりも汗のニオイがキツくなるってご存じでしたか? 「夏の方が汗かくんだから、ニオイは夏の方がキツいでしょ」 「冬は汗なんてかかないし、ニオイなんてしないよ」 と言う方もいるかもしれません。 確かに、...

いい汗をかくためには?

①汗をかく習慣をつける

普段から汗をかく習慣をつけておくと、いい汗が出てくるようになります。
日常的に汗をかくことで汗腺が鍛えられ、体温調節も上手になっていきます
外を散歩したり、ジムで筋トレをしたりすると非常に効果的です。

ただし、真夏に運動する際は熱中症に十分気を付けましょう。
元々運動をしてこなかったり、汗をかきにくい体質の人にはサウナがオススメです

②体を温める

いい汗をかくためには体を温めることが有効です。
いつもシャワーだけで済ませてしまうと人は湯船に浸かると良いでしょう。
また冷房の効いた部屋に長時間いる人はひざ掛けを用意したり、暖かい飲み物を飲むと体温が上がっていきます。
冷房の温度はほどほどにし、外気温よりも低くなり過ぎないように注意しましょう。

汗をかくメリット

汗は体内の老廃物を出したり、血流を促進することでむくみを解消するデトックス効果もあります。
また適度な皮脂量をキープし、肌にうるおいを与えてくれます。

他にも汗をかくことで精神的にスッキリし、ストレスの解消にも繋がります。
運動が習慣になると自然に汗が出てくる体質に変わり、気持ちも晴れて一石二鳥となるでしょう。

汗をかく習慣をつけ、体温調節機能を高めることでいい汗を沢山かけるようになり、上記のように様々なメリットを受けることが出来ます。

汗をかくメリット
・体内の老廃物を出す
・むくみを改善する
・肌にうるおいを与える

いい汗をかくためのオススメサプリメント

効率的にいい汗をかくためには、運動とサプリメントの併用がオススメです。

いい汗をかくためのオススメな成分がカプサイシン
カプサイシンを摂取することですぐに汗をかく状態になります。
汗をたくさんかくことができれば脂肪を燃焼させることが出来るようになります。

燃焼系サプリに含まれているカプサイシンとは唐辛子に含まれている辛味の成分です。
辛味の成分が含まれているため、アドレナリンが分泌され、代謝を活性化させることができるので脂肪を減らすことができます。
アドレナリンの分泌が活性化されることで、脂肪を脂肪酸に変えることができ、脂肪酸に変化することで体脂肪が使われやすくなり脂肪燃焼に繋げていきましょう。

FIRE BURST

脂肪の燃焼に効果的なカルニチンやリポ酸を含有しています。運動前などに摂取すると効率よく脂肪を燃焼してくれます。またカプサイシン効果により体を温め、汗をたくさんかくサポートをしてくれます。

アミノバイタル カプシ

運動に必須なアミノ酸はもちろんのこと、全く辛くない不思議なトウガラシ成分「カプシエイト」を含有しているサプリメントです。「カプシエイト」は辛くない新種の不思議なトウガラシ「CH-19甘」の燃焼サポート成分で、トウガラシの辛味成分カプサイシンと同様のチカラで辛さはほとんどありません。(カプシエイトの辛味は「カプサイシン」の約1/1000です)

コメント

タイトルとURLをコピーしました