おしっこの色で体内の状況が分かる?色が変わる原因と対策について

健康を科学する

おしっこが黄色くて驚いたことはありますか?

私もおしっこの色は日々変化しますし、薄い日もあれば濃い日もあります。
でも、その理由について考えたことのある人は少ないでしょう。

今回は、おしっこの色が変化する理由と、色によって人体に何が起きているかを簡単に説明していきます。

おしっこの色別原因・症状

薄い黄色

おしっこの色が黄色いのは、ごく普通のことです。
これは血液を分解した際に出るウロビリンという代謝物の影響であると思われます。
胆汁の色素や食べ物の色素が尿として排出され、うすい黄色になることもあります。
色としては淡黄色やむぎわら色であれば正常でしょう。

透明、ほとんど無色

おしっこが透明やほとんど無色の場合、大量に水分を摂取していることが挙げられます。
上記で説明した通り、通常のおしっこは淡い黄色をしていますが、水分を大量に摂ることで色が薄くなり、ウロビリンの量も薄くなって尿が透明に近くなります。
よって、尿が透明やほとんど無色の場合は心配する必要はないでしょう。

白くにごる

排尿した尿が濁っていた場合、細菌が混じっている可能性があります。
腎炎や膀胱炎など、泌尿器官が細菌に感染しているとこのような症状になります。
すぐに病院に行って診てもらうようにしましょう。

赤い

おしっこの色が赤かったり、コーラのような色である場合、尿の中に血液が混じっていることが考えられます(血尿)。
血尿や膀胱炎や膀胱がんの他、 尿路の出血や腎炎、腎盂腎炎、腎結石などが可能性として挙げられます。

激しい運動をすると血尿が出るという話も聞きますが、これも腎臓の血流障害であると思われます。
実は腎臓という臓器は固定されておらず、体や呼吸の動きにあわせて上下する性質を持っています。
そのため長時間の立ち仕事やマラソンのような激しい上下運動をともなう活動をすると腎臓も揺さぶられ、血流障害が起きやすくなります。
それにより赤血球が尿中に染み出し、血尿が出る場合があるのです。

おしっこの色が濃くなる時

朝起きた時

朝起きて最初のおしっこは色が濃いと思います。
睡眠中はホルモンの働きによって尿の量が少なくなるように調整され、濃縮されることでおしっこが濃くなるのです。
人体の正常な働きですので心配することはありません。

脱水状態の時

朝イチのおしっこでもないのに色が濃い時は、ほとんどの場合脱水状態であることが多いです。
摂取する水分の量が少なくなると、腎臓が尿として排出する水分の量も少なくなり、おしっこの色が濃くなります。
目安としては朝イチのおしっこと同じくらいか、それよりも濃い場合は脱水状態である可能性が高いので、こまめな水分補給をするように心がけましょう。

ビタミン剤を服用した時

ビタミン系のサプリメントを摂取した場合も、おしっこがいつもより黄色くなる原因となります。
特に水溶性であるビタミンB群はおしっこを黄色くする成分が含まれており、その影響で尿が鮮やかなオレンジ色になります。
水溶性のビタミンを摂取すると、体内で吸収しきれなかった分が尿として排出されるため、ビタミン剤を飲んで尿が濃くなった時は体内にビタミンBが十分満ち足りている証拠ですので、安心して大丈夫です。

おしっこの量について

通常のおしっこの量・回数

おしっこの量は成人で0.8~1.5リットルと言われます。
回数で言うと4~6回が平均的です。(摂取した水分量によって上下します)

おしっこの量が少ない

たくさん水分を飲んでいるのにおしっこの量が少ないという場合、汗で体外に水分が出てしまっていることが多いです。
特に夏にスポーツをしたりしてたくさん汗をかくと、飲んだ水分が汗として流れ出るため、おしっことして排出される量が少なくなります。
これは健康上何も問題ないので大丈夫です。

ただしそういった状況ではないのにおしっこの量が少ない場合、代表的な症状は急性腎炎で、腎臓にトラブルがあり、尿を作る機能が弱まっていることが考えられます。
また食あたりで吐き下しを起こしている時なども尿は少なくなります。

おしっこがたくさん出る

糖尿病になると尿の量、回数とも増え、しょっちゅうのどが渇いて飲み物が欲しくなる傾向があります。
尿の色は薄くなります。
その他、腎臓の病気も考えられますので、病院で診てもらうのが一番良いでしょう。

すぐトイレに行きたくなるがあまり出ない

いわゆる頻尿です。
尿は少ししか出ないのに、すぐにまたトイレに行きたくなる。
膀胱炎や尿道炎、前立腺炎などの病気の代表的な症状です。
また、病気ではなくても、神経質な性格から頻尿になることもあります。

まったく出ない

結石や腫瘍などで、尿の通り道がふさがれています。
また腎臓の機能がひどく低下した、危険な状態とも考えられます。
すぐに病院に行って診てもらいましょう。

尿のトラブルにオススメのサプリメント

頻尿の改善に

夜に何度もトイレに行ったり、起きている時間も8回以上おしっこが出るといった「頻尿」にまつわるトラブルに加え、残尿感や尿切れなどにも効果があります。またユリナールは清心蓮子飲(せいしんれんしいん)という漢方製剤です。頻尿の原因となる、硬く縮まった膀胱排尿筋をやわらげるために、9種類の生薬から有効成分を大切に抽出しています。

糖尿のトラブルに

大塚製薬が販売するこの商品は、食物繊維(難消化性デキストリン)の働きで糖分や脂肪の吸収を抑えることにより、食後の血糖値や血中中性脂肪の上昇をおだやかにします。食後の血糖値が気になる方や脂肪の多い食事を摂りがちな方の食生活の改善に役立つことでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました