家トレの必需品!インクラインベンチのおすすめランキング

筋トレを科学する

「ジムに行くのには時間もないし、お金ももったいない……。」

筋トレブームが続く昨今、家でトレーニングをしたいと考える人が増えていると思います。
本格的なトレーニングをするのであればジムに行くのが一番手っ取り早いですが、仕事や時間の都合でどうしてもジムに行けない人もいるでしょう。

そこで、自宅でも本格的な筋トレを可能にするオススメアイテム・インクラインベンチをご紹介します。
インクラインベンチ一台とダンベルがあれば非常に様々なトレーニングが実施出来ますので、この記事を読んで購入することをオススメします。

インクラインベンチを購入する際のポイント

インクラインベンチと検索すると、非常に多くの商品がヒットすると思います。
では一体、どんな商品を選べばいいのでしょうか?
管理人も何台か購入したことがありますが、失敗したことも多々あります。。

そこで、優秀なインクラインベンチを選ぶ際のポイントをここで紹介します。

①耐荷重は十分か

何と言ってもインクラインベンチは耐荷重が命です
耐荷重=値段 とも言われ、頑丈な商品ほど価格も高くなります。

しかし、ここでケチってはいけません。
管理人も
「別に大した重さでやらないし、安い商品でいいや」
と言って低価格なインクラインベンチを購入したことがありますが、ベンチに寝た瞬間グラっと台が動き、動作中も常にグラグラしていてトレーニングに全く集中できませんでした

耐荷重がない商品は絶対に安定しませんし、揺れた勢いでケガをする危険性もあります。
出来れば300kg以上の耐荷重がある商品を選びましょう。

②座面の角度が変えられるか

これは見落としがちなポイントです。

インクラインベンチは背もたれを斜めにして行うのが基本です。
身体に角度がついたままエクササイズを行うため、動作中に体が下方向にずり落ちてしまいます。
それを止めるために、座面(座る部分)に角度をつける必要があります
一部の商品には座面の角度が変えられないものもありますので、購入する際はしっかりと確認をしましょう。

③ベンチの足の長さは長すぎないか

インクラインベンチに座った際、ちょうど両足の間にベンチの足が来ます。
この時、ベンチ台の足が横に長いと足の置き場に困り、踏ん張るのが困難になります
上半身のトレーニングにおいても、下半身で身体を固定することで安定した動作に繋がり、また対象の部位に集中しやすくなります。

事前に写真で確認し、ベンチ台の足の幅が自分の腰幅より狭いものを選びましょう。

オススメのインクラインベンチランキング

以上の注意点を踏まえ、本当にオススメ出来るインクラインベンチをご紹介していきます。
紹介する商品数は少ないですが、管理人が心の底から自信を持ってオススメ出来る商品なので、購入して絶対に損はありません。
ぜひ自宅でのトレーニングに役立てて下さい。

BARWING(バーウィング)インクラインベンチ

抜群の安定感で上半身トレには最適!
低価格ながら、耐荷重300kgと非常にしっかり作られた商品です。
背面角度は8段階、座面角度は4段階と十分なスペックを誇ります。
また足元には脚トレ用のパッドがないため、インクラインベンチを行う際にしっかりと両足で踏ん張ることが出来ます。

KAPEO トレーニングベンチ 折り畳み式

驚異の耐荷重400kg!折り畳み式で収納もラクラク
この商品はとにかく耐荷重に優れ、非常に安定してトレーニングすることが出来ます。
背もたれのシートも横幅が十分にあり、左右へのぐらつきも防ぎます。
背もたれ6段階、座面4段階と調整が可能です。

adidas ユーティリティベンチ

高密度フォームを使用した高級感溢れるシートが魅力
一流メーカー・アディダスならではのクオリティ高い商品。
シートには高密度フォームを使用し、動作に安定感をもたらします。
最大使用者体重は125kgと十分で、高重量でも安定したエクササイズが可能です。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました